2019年12月10日

昇段審査(東京都本部)

12月8日(日)両国中学校にて日本空手協会東京都本部の昇段審査が行われました。

2019年12月の昇段審査

奥の方、左寄りで3人が移動基本の審査を受けています。
審査員の先生方が凝視する中、壁際には待機する人やご家族、仲間がぎっしり。
緊張するなと言う方がムリです。

でも昇段審査、特に初段は一生に一度の黒帯獲得のチャンスです。
人が極限状態で必死に自分と戦う姿は美しい。
見ていると自分が忘れていた気持ちを取り戻せる気がします。

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x

さて今回の先生方のご講評です。

【基本】
技が形(かたち)だけになってはいけません。
その技が今、どこを狙っているか。そういうことを大切にしてください。
特に蹴りが全員、足首がしまっていなかった。廻し蹴りが蹴上げになっていた。
二段の受験者は基本が甘い。もっと真剣に力を入れてください。

【形】
今日自分でうまくいったと思う人、手を上げてください。
上げない人は落ちますよ(場内笑)。
目標を持って練習を重ねると、できたという実感があるはずです。
今日は全員、練習不足。回数をこなしていない感じ。
下段払いは良くても後屈立ちがダメ、とか。
前蹴り、廻し蹴り、蹴込みが同じレベルでできるようにする。
そしていつでも、何度でも再現できるように。

【組手】
組手は、基本と形ができてから。
大切なのは間合いと決め手です。
特に気をつけなければならないのは、寸止めと決めの違い。
寸止めは目標より1寸つまり3センチ前で止める。
決めは寸止めを突き抜けて、顔面の前でピタッと止まる。
皆さんのは違いがない。決めがない。

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x

今回、目白支部からは3人の挑戦者。
結果は後日、支部長経由でお知らせが来る予定です。
なお「昇段審査」の説明は、7月のこちらの記事をご覧ください。

【追記】
目白支部の3人とも、見事合格でした!

2019年12月7日

男女比

年代別グラフに続きまして、目白支部の男女比を見てみましょう。
小学生から大人まで合わせた在籍数、ほぼ4人に1人が女性です。

比較データとして、今年(2019年)10月の東京都大会のプログラム上の人数を集計しました。

【組手の試合 男女比】

【形の試合 男女比】

ただし東京都大会のデータは「中学生以上」になっています。
小学生の試合は大半、男女一緒に戦います(小3以上の黒帯の組手のみ男女別々)。プログラムのお名前だけで男女を区別するのは難しいため、小学生のデータは除きました。

試合は何百人、目白支部は何十人というケタの違いもありコメントは控えて、ぼんやりグラフを眺めていただくだけの記事になりました。

2019年11月30日

どの年代もウェルカム!

日本空手協会 目白支部 年代構成グラフ

令和元年11月現在の、部員の年代グラフを作ってみました。

あらためてその幅広さを実感。
誰でも必ず同年代の仲間がいます。ウェルカム!

あくまで「在籍」人数。
私メジロスミスがこの1年で1度でも、飲み会だけでもお会いした人、全員です。

注目すべきは70歳代。この比率の高さは珍しいかもしれません。
半数は若い頃に黒帯を取り、ブランクの後に目白支部で空手を再開された方々。
半数は六十ならぬ七十の手習い、全くの初心者で始められた皆さんです。
どちらもスゴイと思いませんか。

2019年11月25日

駅から道場までの距離

道場の最寄り駅は、都営地下鉄大江戸線の「落合南長崎」です。
他にもいくつか歩いて来られる駅があるので、ご紹介します。

日本空手協会 目白支部からの最寄り駅一覧

距離、徒歩〇分はいずれもグーグル・マップの情報です。
おそらく元気な成人男性の徒歩ですので、微調整が必要です。

近い順に並べましたが、椎名町駅が意外に近くてびっくりですね。
「目白支部は、JR目白駅から近いですか」とよく聞かれますが、実は遠いのです。

西武線だとキーステーションは新宿か高田馬場、池袋ですが、大江戸線の場合は東中野でJRに、中野坂上で丸ノ内線に乗り換えられます。
路線図片手に新ルートを探すのも楽しい作業。
少年部はご近所さんが多いけど、遠くから来ている大人もたくさんいます。

電車のほかに「道場の前が停留所」など充実感いっぱいのバスルートがありますが、また後日…!

2019年11月19日

形の試合、同点で再試合!

2019年熟練者大会 日本空手協会 目白支部
形の試合の様子。(写真は本文と無関係です)


形の試合は「主審1人、副審4人」の計5人でジャッジします。1人10点満点。
得点は、5人のうちの最高点と最低点を切って、中間3人の点数を合計したものを元に計算します。

さて11/16(土)熟練者大会で、珍しいケースがあったのでお話します。
ある試合の15人全員が演武終了。普通は順位発表となるはずが何と「3位4位5位が同点」ということで3人呼ばれて説明を受けました。
仮にAさんBさんCさんとします。

こんな時は5人の審判の最低点を見るそうで、まずCさんだけ最低点が低かったので5位。残る2人は最低点も同じだったため、再試合!「3位4位決定戦」となりました。
銅メダルか、手ぶらかです。

そして。

結果はAさんの勝ちでした。Bさんは肩を落とすのみ。

実はこのBさんが、ブログの著者メジロスミスです。
会場の床や壁が重力で歪む気がしました。負けた悔しさと言うより、再試合で「負け直した」ような感覚がショックで惨めでした。

一晩寝て思ったのはまず、試合に備えてできる範囲でそれなりに努力はしたけれども、結果を嘆くほど、死ぬ気で稽古したかと言えばそうでもないこと。
そして「昨年はこの試合に出たのは私だけだった。今年は4人で出たので心強さが違った。結果はともかく誰もケガもせず楽しかった」ということです。

来年はもっと仲間を増やしたいです。

2019年11月8日

キティちゃんのマウスピースケース

キティちゃんのマウスピースケース
商品名は「イヤホンケース」のキティちゃんです。
誰も歯ガタが入っているとは思うまい…。
今回、著者メジロスミスの個人的なお話であることは言うまでもありません。

マウスピースはおまけの黒いビニールケースで保管するのが一般的ですが、これがまあテンション下がると言うか…。

おまけについてくる黒袋

使った後にしまう時も、イヤ~な感じ。
そこで足を棒にして100円ショップを巡りました。

・プラスチック製。丸洗いできて清潔、ある程度保護してくれるもの。
・フタつきで中身が見えないもの。
・マウスピースがゆとりで入る最小限のサイズと、軽さ。
・できれば気分がアガるデザイン。

こうしてたどり着いたのがキティちゃんです。
黒袋よりは晴れやかな気持ちになります。
パカッと開けて、試合に臨むぞ!

キティちゃんのマウスピースケースを開けたところ

実はリボンの部分が内側に出っ張っているので、入れ方にコツが要るのです。
これをご覧の方「自分はこんなケースを使っています」情報がありましたらぜひ教えてください。

2019年10月31日

組手の試合 三種の神器

空手の胴当て、ボディプロテクター


空手の拳サポーターとマウスピース

1対1で自由に技をかけ合う組手の試合。
日本空手協会は寸止めルールですが、突きや蹴りが間違って当たってしまう場合があるので、3つの防具をつけることが試合規定で決められています。

上の写真は胴当て、ボディプロテクター。これは女性用で胸までカバーできます。
道着の中につけるので、胸板が厚く見えて強そうです。
小学生など体が小さい場合、動くうちに胴当てだけずり上がってしまうことがあるようです。試着が必要です。

下の写真、拳サポーターは手を守る物。つけても突き指しちゃうのは、基本通り正しく技を出していないためなので反省しています。

マウスピースは歯型でちょっとエグいためモザイクをかけました。上の歯全体に被せて歯や口の損傷を防ぎます。ボクシング等ではよく模様が入っていますが、日本空手協会の試合では透明のみです。

なお形の試合では防具は必要ありません。
たまにそそっかしい人がいるので(実話)、声を掛け合いましょう。

AddToAny